人権の詩(こころのうた)2017 入賞作品発表

日々の生活の中で、ともすれば見過ごしがちな、さまざまな出来事を“人権”という視点で見つめ直してみると、改めて気づくことや、心あたたまるストーリーなど、何か違ったものが見えてくるのではないでしょうか。

“人権の詩(こころのうた)”は、 そういった気づきから“人権”について改めて考えていただこうという趣旨で募集を行い、今年度は15点が選ばれました。

今年も県内各地より総数2,885点ものご応募を頂き、審査会において知事賞・理事長賞を決定しましたので、お知らせします。

 

 

知事賞(最優秀賞)小学生の部、中学生の部、一般(高校生)の部    各1点

   
「私の妹」 「小さなヒーロー」 「合言葉は『ありがとう』」
妹尾 爽加さん 田上 凜さん 髙松 伊久子さん
湯浅町立湯浅小学校4年 上富田町立上富田中学校3年 和歌山市

 

 

(公財)和歌山県人権啓発センター理事長賞(優秀賞)小学生の部    5点

 

 

「ぼくのすきなこと」 「ぼくのじいちゃん」 「うれしい気もち」
石川 煌太郎さん 和田 丈さん 南 萌禾さん
広川町立南広小学校1年 湯浅町立湯浅小学校2年 広川町立津木小学校3年
 
「仲間」 「お兄ちゃん」
俵 和花さん 竹本 未来さん
橋本市立あやの台小学校5年 那智勝浦町立下里小学校6年

 

 

(公財)和歌山県人権啓発センター理事長賞(優秀賞)中学生の部    4点

     
「話す楽しさ」 「君は僕の」 「やめてあげなよ」
木本 翔太さん 鎌田 つばささん 寺井 真菜さん
上富田町立上富田中学校1年 那智勝浦町立那智中学校1年 和歌山市立紀伊中学校2年
「らしいって何?」
兒島 優季さん
有田市立保田中学校3年

 

 

(公財)和歌山県人権啓発センター理事長賞(優秀賞)一般(高校生)の部    3点

     
「一言で。」 「思いこみ」 「ばあば」
井川 結菜さん 金田 凜さん 西山 隆介さん
和歌山県立串本古座高等学校古座校舎2年 和歌山県立串本古座高等学校古座校舎2年 和歌山県立和歌山東高等学校3年

 

※学年は受賞時のものです。